「2018 車いすバスケットボール世界選手権大会」日本-イタリア戦 レポート①

日本時間 8月17日(金)16時30分より行われた日本-イタリア戦のレポートです。

【世界選手権レポート①】

16日に開幕した世界選手権第2日、日本はグループリーグ初戦でイタリアと対戦し、58−50で白星発進しました!

1Qこそイタリアに7点のリードを許しましたが、徐々に日本の早い展開へと流れが変わり、2Qで3点差に詰め寄ります。3Qの終盤に鳥海連志選手が自らのスチールからそのままゴールへと走り、レイアップシュートを決めて逆転します。さらに藤澤潔選手もフリースローを2本ともに決め、3点のリードを奪いました。

続く4Qはイタリアが粘りを見せ、1、2点差に詰め寄りますが、終盤になるとイタリアはミスが多くなり、逆に日本は確実にシュートを決めていきます。最後はファウルゲームに持ち込むイタリアに対し、藤本怜央選手がフリースローを2本ともに決めてみせ突き放し、見事勝利を収めました。

大事な初戦を制した日本は、明日18日は強豪トルコと対戦します。
日本時間19日深夜3時45分からです!応援、よろしくお願いします!

(文・斎藤寿子、写真・伊藤真吾)