「アジアドリームカップ2019」オフィシャルレポート 6月15日(土)

15日、男子の国際親善試合「アジアドリームカップ2019」が、今春に竣工したばかりの昭和電工武道スポーツセンター(大分市)で開幕しました。
今大会には5カ国・地域から6チームが参加。日本からは日本代表と九州選抜、海外からは韓国、中国、チャイニーズタイペイ、タイの代表チームやクラブチームが一堂に集結しました。
大会初日には、2グループに分かれて総当たり戦の予選リーグが行われました。及川晋平HC率いる日本代表はタイ、チャイニーズタイペイと対戦し、70-38、85-9と両チームに圧勝。16日の準決勝に進出しました。
今年11月には、アジア・オセアニアチャンピオンシップスを控えている男子日本代表。そうした中、今大会キャプテンを務める村上直広選手は今大会の位置づけについて、「僕たち選手にとって、今後につながる大事な大会。選手一人一人が一つ一つのプレーを大事にしていかないといけない」と気持ちを引き締めていました。
そして、及川HCは、2試合を振り返り、こう感想を述べました。
「勝てたことは良かったと思いますが、内容的にはまだまだで、もっといいプレーができたはずです。代表としてということを考えると、今日は満足できない部分があるので、明日はしっかりと高い水準で勝ち切るという試合をしたいと思います」
一方、九州選抜は中国と韓国のチームと対戦しましたが、残念ながら連敗を喫してしまいました。
大会2日目の16日は、グループを1位で通過した日本代表は準決勝で中国と対戦。九州選抜は5・6位決定戦でチャイニーズタイペイと対戦します。明日は天候も良いようですので、お近くにお住いの方、お時間のある方は、ぜひ会場に足をお運びいただき、熱戦の模様をお楽しみいただけたらと思います!

●15日(土)の結果
予選リーグ
〈Aグループ〉
タイ 60-31 チャイニーズタイペイ
日本 70-38 タイ
日本 85-9 チャイニーズタイペイ
1位=日本代表 2位=タイ 3位=チャイニーズタイペイ

〈Bグループ〉
韓国 78-42 中国
韓国 67-43 九州選抜
中国 87-71 九州選抜
1位=韓国 2位=中国 3位=九州選抜

●16日(日)試合スケジュール
10:00~準決勝(日本代表vs.中国/韓国vs.タイ)
12:40~順位決定戦
15:20~決勝戦

大会公式HP:http://asiandreamcup2019.jp/