日本車椅子バスケットボール連盟では、平成16年度より『ジュニア選手育成委員会』において、ジュニア選手の育成事業を開始しており、2010年度からは強化指導部に統合され、日本代表に直結した指導体型をとるために新たにジュニア担当部署としてジュニア選手の育成に取り組んでおります。

また、毎年8月の夏休み期間に行われるジュニア選手育成講習会は、車椅子バスケットボールの楽しさ、素晴らしさを感じ、基礎を学ぶ事を目的としています(これから車椅子バスケットボールを始めようとする人を対象とするプログラムも用意しています)。

対象年齢:毎年1月1日時点で23歳以下の男女選手